面白太る方法日記(究極の太る方法ブログ版)

面白くてためになる、太る方法を中心とした日記です^^;。痩せすぎて太りたい人は、是非遊びにきてください^^;。 堤予防医学研究所ブログ

美味しいものを食べて太る方法^^;(いなばチキンとタイカレー編)

【本場タイで製造・いなばチキンとタイカレー食べてみました^^;】
 
最近テレビで『美味しい』と話題になっている、いなば食品さんのタイカレーシリーズ(イエロー・グリーン・レッドの3種類)の、イエロー(チキンカレー)を食べてみました^^;。
130812_1211~03
最近このカレーが人気なので、スーパーでも品切れするところが多いみたいですが、私はローソンで見つけて購入しました^^;。
1缶100~130円とお手頃価格なのに、かなり本格的な味みたいですね^^;。
缶を開けてみると、ちょうど小腹が空いた時にいいくらいの量で、一人前としてはやや物足りないくらいの量ですが、2種類のカレー2缶を一人前として食べると、ちょうどいいのではないでしょうか^^;。
お皿にカレーを移し、レンジで2分。かなり本格的な香りがします^^;。
一口食べてみると、これはまさしくココナッツミルクのよく効いた本格的なタイカレーの味です^^;。
これは缶詰としては本当によく出来たタイカレーで、これをタイ料理のお店で出されても、全く缶詰とは気付かないと思いますf^^;(笑)
辛さは大したことのないおだやかな辛さで、これなら小学生でも食べられると思います^^;
ただ本格的エスニック料理が苦手な方や、ココナッツミルクの味が苦手な方は、全く駄目かもしれませんf^^;。
タイカレーが好きな方には大好評だと思われます^^;。
缶詰としては間違いなく、これは大ヒットすることでしょう^^;。
130812_1220~02

【太りたい方にワンポイントアドバイス^^;】

※ これからは食い物の話をしたときは、このようにワンポイントアドバイスをつけるようにしますf^^;(笑)

このカレーには野菜がほとんど入っていませんので、太りたい方は栄養のバランスがよくなるように、野菜を追加して食べましょう^^;。
それと筋トレをしている方は、蛋白質がやや足りませんので、温泉卵や納豆(タイカレーに納豆は合うかなf^^;(笑))を追加して食べましょう^^;。 

熱中症になる人が誰もいない南国生まれの外国人に学ぶ暑さ対策

いやぁ~今年の夏の暑さは異常ですよねf^^;。

昭和の頃は、どんなに暑くても32度とか、そんな感じでしたが、今年は40度とか信じられないですf^^;。


南国生まれのビビアンに、自分の国と日本とどっちが暑いか、いろんな角度から聞いていますが、

日本の暑さは質が違うと言いますね^^;。
ビビアンの国の暑さは、

暑くて肌が痛くなるけど、苦しくない。カラッと暑いという感じ。

ところが日本の暑さは、箱に入っているような暑さで、湿度が高くて苦しい。

といいます^^;。

スリランカ人のヨンギットも、同じことを言ってました^^;。
フィリピン人やスリランカ人が、『日本のほうが暑い』って言うんですから、よく考えたらおかしいですよねf^^;(笑)

ヤシの実やバナナがなる国のフィリピンや、アフリカみたいに象がいるスリランカより暑いんですよf^^;(笑)

そんな彼らと一緒にいて気づくことは、彼らは汗の量が全然違いますね^^;。
日本人の倍くらい汗をかいています。

汗によって体温を調整する体質になっているんでしょうね^^;。

それとフィリピン人というのは、とにかく歩くのがダラダラと遅いのですが、あの歩き方にも、

『暑いときには激しく動かない』

という知識が自然と身につき、ああいう歩き方になっているんじゃないかと、色んな人の研究で推測されています^^;

そして暑い時は、仕事中でも日陰に入って何もせず、ただじっとしているんだそうです^^;。

ところが日本人は真面目なので、どんなに暑くても、多少無理して色々やるから熱中症になる可能性が高まるんじゃないかと思いますね^^;。

それとビビアンに、暑さ対策のために体温を下げる食べるフルーツとか食べてるのか聞いてみましたところ、『タベテルヨ』と言い、バナナ(日本にはないバナナ)とスイカを食べて、体温を下げるんだそうです^^;。

スイカが体温を下げる働きがあるというのは、色んな書物を読み知ってましたが、我々の想像以上に『暑さから身を守るためには必須の食べ物』なのかもしれないです^^;。

例えば、南国の人が食べているフルーツには、『汗の量』を調整する働きもあるのかもしれないです^^;。

彼らはよくフルーツを食べているし、日本人の倍くらい汗をかいている姿を見ていると、何か関係がありそうな気がするんですよね^^;。


南国で先祖代々言い伝えられてきた暑さ対策の知識は、今後の日本の異常気象に必ず役立ってくると思いますね^^;。


まとめ^^;

◎暑い時には、激しく動かない。

◎暑い時には、日陰に入り無理をしない。

◎暑い時には、体温を下げる働きのフルーツ(スイカ等)を毎日食べる。

南国生まれの外国人に学ぶ暑さ対策です^^;。

ガリガリで太れない彼女は外国人 2

最近体調が絶好調のビビアンですが、このように相変わらず痩せています(笑)
ガリガリで太れない彼女は外国人 

いま多分36~37キロくらいだと思うのですが、皆さんと比べてどうですか^^;。 

姿勢が悪くないから、痩せててもかっこよく見えるのではないでしょうか^^;。 

痩せすぎの人が吸玉するとドス黒い跡がつく

この画像は、太る特待生の大阪の方が、特待生当時吸玉をされた後の様子ですが、痩せすぎの人が吸玉をすると、ほとんどの方は最初このようにドス黒い跡がつきます^^;。健康な人は『鮮やかなピンク色』に出るのですが、不健康な方や筋肉が拘縮していると、こういう色になります^^;。その後吸玉を続けることにより、少しずつピンク色に変わってきます^^;。
CADNUZIY
 

ガリガリに痩せている人はスケベf^^;?

以前私がサラリーマンだった頃、職場の女性達が、ある痩せた取引先の女性の噂話をしているのが聞こえてきましたが、

『ああいうタイプの人が一番スケベよ(笑)』

・・ということを色々言ってましたねf^^;(笑)

ニュアンス的には、

人は見かけによらず、ああいう痩せたタイプの人は、旦那さんを寝かせず、骨までしゃぶるくらいに男好きで・・

・・みたいなニュアンスでしたf^^;(笑)

全くひどい話ですが、話を聞いていると、その取引先の人が本当にそんな人なのかなf^^;?とか想像してたりしてましたf^^;(笑)


反対に男性の場合も、(ニュアンス的には)骨の髄までスケベなので、精魂尽き果てるまでエネルギーをスケベに費やしているので、あんなにガリガリに痩せてるみたいな感じで言っていたのを耳にしたことがありますf^^;(笑)


イメージ的に、言わんとすることはわかりますが、自分がそんなこと言われてたら嫌ですよねf^^;(笑)

まあ、本当に精魂尽き果てるまでにスケベな人は、それが太れない原因だったりしてf^^;(笑)

どこの町でも必ず見かける痩せたおじさんf^^;(笑)

皆さんの住んでる町に、痩せたこんなおじさんいませんかf^^;?(笑)


☆そのおじさんは、とにかくガリガリに痩せていて、歳は50代から60代くらいで、凄く真っ黒に日焼けし、いつも作業着を着ています^^;。

作業着の色は青色が多く、黄色や赤の帽子をかぶっていることも多いですf^^;(笑)


☆ そのおじさんは、おそらく自転車屋とか、自動車修理工場や、部品を扱う会社に勤めています^^;。そしていつも道路に座ったり、しゃがんでいることが多いですf^^;(笑)

よって青色の作業着は、いつも真っ黒に汚れていますf^^;(笑)


・・こんなおじさん、どこの町にも必ずいるんですよねf^^;(笑)
東京でも下町に行けば、必ずどこかにいますf^^;(笑)

おじさんは一体何者でしょうかf^^;(笑)

ガリガリで太れない彼女は外国人 1

130728_1940~02
【本当に目覚めたビビアン】
大変お待たせしましたf^^;(笑)今日から新シリーズのスタートですf^^;(笑)
もちろんタイトルは、SEO対策済みですf^^;(笑)

☆ この『ガリガリで太れない彼女は外国人』は、太る方法blogの【記憶喪失の彼女】と【彼女はエイリアン】シリーズの続きとなっております^^;。 
まだそちらをお読みになってらっしゃらない方は、 まずは前シリーズをお読みください^^;(長いですf^^;(笑))

ビアガーデンで働き始めた頃からビビアンの精神状態がさらに良くなり、以前完治したと思ってた頃(記憶喪失の彼女シリーズ最終回の頃)と比べ、また別人のように良くなってますねf^^;。
以前お話しました『感謝する気持ちがない』『若干残っている猜疑心』が、あれから薄皮をはぐように減ってゆき、現在全く無くなっちゃったんですよねf^^;。本当にびっくりですf^^;。
結局あの頃は、まだ完治していなかったという事だったのでしょうかf^^;。
とにかく朝から晩まで汗をびっしょりかいて、悪い毒素が抜けていったような感じなんですf^^;(笑)
 
精神病の治療法は、
☆ 頭蓋骨矯正
☆ 栄養療法
そして最後の決め手が、
☆ 身体を動かし、汗を大量に流すこと。
汗を流すことが、頭蓋骨矯正・栄養療法と同じレベルくらい、重要なポイントではないかと思えてきますf^^;。
何がどう変わったかというと、とにかく『歪んでた性格が治った』という感じですf^^;(笑)
それと、『やっと本当に目覚めた』という感じなのです^^;。
かなり昔の映画ですが、石原裕次郎の『銀座の恋の物語』で、記憶喪失になってた浅丘ルリ子さんの記憶が戻るシーンがあります^^;。
元恋人だった石原裕次郎の歌声を聴いていたら、ある瞬間『ハッ!』として、全ての記憶が戻るシーンです^^;。
ビビアンの場合、そんな感じではなく、とにかくねちっこくて、
《・・治ったかなf^^;?》
・・と思ったら、また猜疑心がブリ返したりして、
《・・おまえの頭の中は一体どうなっちゃってるんだよf^^;(笑)》
という感じでしたが、今度こそ本当に目覚めたという感じなんですf^^;(笑)
 
よってこれまで長い間の闘病生活のことや、誰も助けてくれないときに助けられたこと、各種珍々療法(f^^;(笑)でどうにかこうにかして治してくれたことを、心の底から感謝している感じにやっとなりましたねf^^;(笑)
ここまで持ってくるのに、本当に本当に本当に本当に(重複しますのでこれくらいにしときますf^^;(笑))苦労しましたf^^;(笑)
よって今ビビアンから、『everyday究極のモテモテ』ですf^^;(笑)
反動が凄すぎちゃって、記憶喪失になってしまいたいくらいですf^^;(笑)
まあ、良かったですねf^^;(笑)