面白太る方法日記

面白くてためになる、太る方法を中心とした日記です^^;。痩せすぎて太りたい人は、是非遊びにきてください^^;。 

2014年01月

ストレスが溜まらないようにする発想の転換

よくビビアンが、

『日本に住んでいると、ストレスがたまらない?』

・・という話をヨンギットにしていますが、まあ彼らからすれば、時間が10倍くらいのスピードで動いているような感じなんでしょうね^^;・・

今の日本はとにかく、スピード・スピード・スピードで、時間に縛られ、毎日が慌ただしく、のんびりと時間を過ごすことってあまり無いですからね^^;・・

ビビアンがいいますには、外国では急がされることが少なく、もっとのんびり仕事をして、いつもジョークを言いながら、笑ってる時間が多いといいますねf^^;。

ところが日本ではそれが許されず、ジョークなんか言ってたら、

【やる気あるのか?】

【遊びにきてるんじゃないんだぞ】

【仕事をきちんと片付けてから休め】

・・という空気と暗黙のルールがありますから、息抜きも許されず、ただまじめに働くために生きている、働きアリみたいに見えるんでしょうねf^^;・・。

考えてみたら私たちは、本当に息苦しい毎日を過ごしているのかもしれないです^^;。

仕事中も、もっと楽しく定期的にみんなで歌ったり、手をつないでダンスを踊ったりとかできないもんですかねf^^;(笑)

社内では、みんなムーンウォークしながらじゃないと歩いてはいけないとか、そんなユーモアがある会社があってもいいと思うのですf^^;(笑)

そしてイスに座るときは、必ずブーブークッション(ブゥーッと音がなるクッション)に全員座わらなければならないとか、毎日楽しくなるはずですf^^;(笑)


日本人は仕事中でも、【今この瞬間を楽しく過ごそう】という発想の転換をしたら、もっとストレスのない毎日になるような気がするんですけどねf^^;。

これからそういう会社があってもいいと思います^^;。

フィリピンの朝食の定番・ロンガニーサ

3699d27e.jpgまたまたビビアンが、見たこともないソーセージのようなものを買ってきてましたので、これは何かと訊ねると、これはロンガニーサといい、フィリピンではこの豚の内臓を腸に詰めたロンガニーサと目玉焼き、そしてガーリックライスが朝食の定番のようです。

フライパンに多めの油を入れてしっかりと焼き、恐る恐る食べてみましたところ、

『なんだよこれ!これ甘いじゃないかよ

なんと、砂糖入りソーセージ味ですf^^;(笑)

これはヘンテコな味ですf^^;(笑)

たとえて言うならば、味噌汁に砂糖を入れてるような、ヘンテコな感じですf^^;(笑)

しかしこの甘いソーセージを、唐辛子を入れた酢につけて食べると、エスニックな感じで、どうにかこうにか食べれないこともないですf^^;(笑)

このロンガニーサがどんな味かを知りたい方は、ソーセージに蜂蜜つけて食べれば、まあ大体そんな感じの味ですf^^;(笑)

素朴で昔の日本人を思い出させるスリランカ人

6aa5ac3e.jpgヨンギットを見ていると、昔の日本人を思い出すことが多いです^^;。

このようにタバコの包み紙を使って人の形を2つ作り、

『ツツミサン、コレ、ドッチガ男で、ドッチガ女か、ワカル?』

・・と聞いてきました^^;。

いろいろ考えてもわからないので、ギブアップというと、ヨンギットはタバコに火をつけ、タバコの先を紙に近づけると、

銀紙のほうは、人形の股間の部分が盛り上がり、

銀紙を裏返しにした白い紙のほうは、人形の手足が上がってきて、ちょうど【あの最中】女性が抱き着いているような格好になり(笑)、

ヨンギットが、『コッチがオトコ、コッチがオンナね(笑)』

・・と、種明かしをしてくれたのでした(笑)

『うわー、これ面白いね~f^^;(笑)』

と、ビビアンと笑いながら、

・・そういえば昭和の時代、近所のあんちゃん達がこういうことやってたよなf^^;・・

と、昭和の頃を思い出したのでした^^;・・

そのほかにも、マッチや割り箸を使ったスリランカの遊びをヨンギットが教えてくれるのですが、日本人も昔は近所のお兄さんやおじさん達が、このような『大人の遊び』を教えてくれてたんですよね^^;・・。

チャンピオンなんか、今でもZippoライターを使って、フタの開け閉めのテクニックを披露してくれますが、まさに昭和の頃近所にいたあんちゃんそのものですf^^;(笑)

チャンピオンは、昭和の時代、いつもドライブインあたりをうろうろし、バイクにまたがり、缶コーヒーなんか飲んでたあんちゃんそのものなのですf^^;(笑)
画像 036
いまだにドライブインで売ってあったキーホルダーをいっぱい持ってる、ナウいあんちゃんなのですf^^;(笑)


☆ いまだに昭和のにおいがプンプンするチャンピオン、お元気ですかf^^;(笑)

※ チャンピオンをまだ御存知でない方は、こちらの太る方法ブログの右側の【カテゴリー別アーカイブ】より、チャンピオンシリーズをご覧くださいf^^;(笑)


ヨンギットといると、そんな昭和の頃を思い出させるのですf^^;。

そして遠い親戚のようであり、仏壇に供える線香の匂いがしてくるような、懐かしい気持ちになれる男なのですf^^;・・。

日本人とスリランカ人って、ものすごく相性がいいと思いますね^^;。魂がどこかでつながっているような、そんな感じがしますね^^;。

ヨンギットがくれたスリランカの健康茶

b619ac32.jpgヨンギットがスリランカの健康茶をくれましたが、『これ木だよなf^^;(笑)』というくらい、原形そのものすぎて笑っちゃいました(笑)

これを8カップの水で煮込み、水分が1カップくらいになれば出来上がりのようですが、これを飲むとユンケルみたいか効果があるらしく、凄く元気になるみたいですf^^;。

ちょっと飲むのに勇気がいりますがf^^;(笑)、結構凄いものかもしれないんで、試してみたいと思いますf^^;(笑)

世界一簡単なタガログ語とシンハラ語講座^^;

最近外国人シリーズの話ばかりしてますがf^^;・・・太る方法の話を12年もやっていると、さすがにしばらく箸休めしたくなりますf^^;(笑)

よってそういうときは、しばらく外国人シリーズでいきますねf^^;(笑)

ビビアンとヨンギットが、それぞれタガログ語とシンハラ語で電話しているのを聞いていると、そのハイスピードなマシンガントークに驚きますf^^;(笑)

特にヨンギットのシンハラ語は、『パパパパピポママ、パピプポパピパピ・・』・・とかなんとか話してますが、とても同じ人間の言葉とは思えないですf^^;(笑)

しかしビビアンのタガログ語は、ちょっとずつわかるようになってきました^^;。
タガログ語というのは本物に簡単で、そんなに勉強しなくても、すぐに覚えることが出来るんですよね^^;。

例えばタガログ語で最初に覚えるといい言葉は、

マガンダ=美しい

という言葉です^^;。
そしてこのマガンダさえ覚えとけば、挨拶や誉め言葉を簡単に覚えることができます^^;。


おはよう=マガンダン ウマガ

こんにちは=マガンダン ハーポン

こんばんは=マガンダン ガビ

※ 美しいというときだけはマガンダで、挨拶などのときは、マガンダンになります。

よってマガンダンに、あと2~3文字足せば、タガログ語の挨拶をすべて言えるようになります^^;。

そして【美しい女性】・・つまり美人ですねというときは、
マガンダン ババエ

といえば、彼女たちは必ず喜びますf^^;(笑)

(注)間違っても、マガンダン ばばあと言ったら、【美しいばばあ】となり、彼女たちは怒りますから注意が必要ですf^^;(笑)

マガンダン ババエ

ですf^^;(笑)

とりあえずこれさえ覚えておけば、インターナショナルパブに行ったとき、ちょっとは役立つでしょう(笑)


次にシンハラ語ですが、一番簡単に覚えることが出来る言葉は、

ママ=私

です^^;。これも簡単ですね^^;。

だからスリランカレストランに行き、

『ママは、これ食べる^^;』

と言えば、

《おっ、コイツちょっとしゃべれるのかなf^^;?》

と思われると思います^^;。

外国語というのは、やっぱりいつも話していると少しずつ覚えますね^^;。
1日5分でもいいから、毎日続けることが大切ですね^^;。

今日は、マガンダン ババエ(ばばあ)と、ママは覚えましたねf^^;(笑)
記事検索