4ef9875c.jpg
昨日はスリランカの友人の家で、カレーパーティー(よくカレーでパーティーができますよねf^^;(笑)こっちも負けじと、とろろご飯パーティーや、卵かけご飯パーティーでもやってみますかねf^^;(笑)だったのですが、この一皿に、

チキンカレー、ゴーヤカレー、豆カレー、マンゴーカレーが 乗っかってます^^;。
マンゴーカレーなんて、一体どんな味がするんだろうf^^;・・と思いながら一口食べてみると、とにかく超すっぱくて、カレーというよりは、マンゴーフルーチェをご飯にかけて食べるような感じでしたf^^;(笑)さすがにこのカレーは日本人には向いてないですf^^;(笑)

その他のカレーは、やっぱり何度食べてもおいしいですね^^;。特にチキンカレーは絶品です^^;。

しかし、スリランカのカレーを食べながらお酒を飲むと、いくら飲んでも全く悪酔いしないのがいつも不思議です^^;

ターメリック(うこん)以外にも、何か胃腸や肝臓によいスパイスがたくさん使われてるんでしょうか^^;。

ところでこのカレーを作った友人が言うには、日本に売ってあるスパイスはどれも駄目で、やっぱりスリランカから取り寄せないと美味しいカレーはできないって言うんですね^^;。
日本人に例えて言うならば、おいしくない味噌では、どんなに出汁を工夫したとしても、美味しい味噌汁はできないような感じなんだと思います^^;。

そしてそのスパイスを何種類~何十種類
も調合して作っているようですが、フルーツの種みたいなのもご飯に混ぜてあったりして、その都度微妙に味が違ったりします^^;。

この前はオイルサーディンを使ったカレーを食べましたが、魚カレーがこんなに美味しいとは思いませんでした^^;。

材料さえ持ってくれば、魚でも貝でもスパイスを調合して、何でもカレーに出来るそうです^^;。

スリランカのアーユルヴェーダについても色々聞いてはみましたが、言葉の壁によってうまく理解できませんでしたf^^;(笑)

スリランカ人が胃腸の調子がよくない時に食べる、何かの種のようなスパイスを『コレ、タベテミテ』と言われて食べてみましたが、めちゃめちゃ苦い味のスパイスでしたが、その苦味は胃腸に効きそうでした^^;。

彼らはスパイスを薬にも利用しているようですね^^;。

毎回『今日はどんなスパイスを使ったカレーなんだろう^^;・・』と、楽しみにさせてくれるスリランカカレーには、不思議な魅力がありますね^^;。

スリランカにも、本当に一度行ってみたいです^^;。