指の検査法

1. 左手の人差し指の先っぽを、右手の親指・人差し指・中指ではさむように持ち、左右にひねってみる。(右にはひねれるが左にはひねれない、もしくは左にはひねれるが右にはひねれない)

2. 同じように親指・中指・薬指・小指を左右にひねってみる。

3. 今度は右手の指を1本ずつひねってみる。

堤予防医学研究所では、このひねれない原因となっているものを調整しますので、施術を続けることにより(人によっては1回で改善します)、これら全ての指が両方にひねれるように変化します。